« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »

2005年3月

2005/03/31

サクラ

我が家の前の公園、銅座公園のサクラがちらほら咲きだしました。
簡易トイレもいつも間にか設置されて、受け入れ態勢も準備万端。

来週には真昼間っから、サラリーマンが夜遅くまでドンチャン騒ぎの
花見のシーズンです。

サクラの近い、短くも気持ちの良い季節がもうすぐです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/29

水の都・大阪

水の都大阪再生シンポジウム
へいってきました。

かつてあった「水の都・大阪」を取り戻そうというイベント。

大阪の街にはたくさん運河の歴史の名残を見つけることはできるけど、それは高速道路下の護岸された汚い水辺。
「水の都」を失ってしまった大阪には失望していました。

だけど、今日のフォーラムですこし考え方が変わりました。

パネラーたちの「水の都」を再生しようとしている実際の活動のことや実現していないまでもそこを目指す想いなどを聞くと、大阪の水辺もまだまだ捨てたものじゃない気がしてきました。昔を懐古していても仕方ないし、何も生まれません。今はそんな状況でも、他の都市に比べて運河が多く水の近い、歴史のある大阪は、よい街に変化していくポテンシャルがあるんだと思えました。反省。

「今までは川を排水施設としてしか考えてこなかった。人の生活と結びついた川という視点が全くなかった。」とクニの役人さんの最後の言葉が印象的でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/27

解体開始!

Y邸の解体が始まりました。

骨組だけが残った建物の中に入ると、外部環境が直に感じられてそこの場所性が伝わります。
今まで見えにくかった点も見えて、設計に活かせそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/25

イラン戦

もう数時間で、イラン戦です。

サッカーは高校ときからやっていて、近ごろも週一回ペースでフットサル。山に行かない、日ごろの運動はサッカーで補ってます。

で、イラン戦ですが。

テレビ鑑賞をしようにも、残念ながら、丁稚場(我が家)はテレビのアンテナが入線していません。室内アンテナをつけたものの周りに高いビルが多いせいかほとんど効力なし。

サッカーをみていても人の判別は全くできず、かろうじてボールと試合の流れが理解できる程度。以前は人間アンテナのテクニックなど使って、なんとか観てはいたのだけど、フラストレーションがたまってばかりでした。

というわけで、最近、代表戦は大きなテレビのある近くのバーで観ています。人を集めて、お酒を飲みながら。都心居住のいいところ。

今日も、行かねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/23

山岳スキー大会

雨、雨、雨。の一日でした。
近ごろ、天気変化の周期が著しい。もう、春ですね。

雨だけど、都合のいいことに外に出る機会がなかったので、集中して図面描き。5月着工の住宅図面。あと、二週間が正念場。


さて、別件。

山岳スキー競技大会があるそうです。
体力はもちろん、スキー技術、シール技術、山の総合技術が問われそうなコースとルールで興味あり。
ただ、北大山岳部OBの澤田さんが参加した本場の「第2回UIAA世界山岳スキー競技選手権大会」レポートを見て驚いた。

登りのレースでトップの人は時速1400m以上のスピードで登るらしい。「1400m」は高度差。僕の山に行っている感覚だとせいぜい1時間あたり5、600mコンタ差を稼げればいいかと思うけど。このペースだと倍のスピードでもまだ足りない。想像しがたい・・・。

今年は無理なので来年は出てみたいなと思ったけど、レベルが違うかぁ・・。とりあえず、日本初開催の今大会は注目したいと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/20

戸建コーポ

050320

今いっしょに住宅の仕事をしている構造担当のSさんの自邸が完成するとのことで観にいった。戸建のコーポラティブらしい。オヤジと木村さんとハマッコさんと車に乗ること1時間、奈良の静かなところにあった。

急な傾斜地の立地なので、ある場所でのその時々の環境変化がおもしろい。10軒のコーポラティブだけど、住処の集まったひとつの村・集合体としてはヒューマンスケールのいいものができてるなと思った。

ただ、場所によってあれだけ環境が変わるのだから、その土地のポテンシャルをユーザーが理解しながら場所を決められているのかちょっと不安。あまりにも環境が違うから「場所決め」がとても難しそうだけど・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/18

念願の!

PICT0031
構想から一年(検討6.5ヶ月工事4ヶ月、準備期間1.5ヶ月)を経て、ようやく焼きあがりました。去年の10月から丁稚場の中庭部分にコツコツとセルフビルドしてきたカステラ工場。1月末で小屋はできあがり、あとはカステラ運転の準備をここ1ケ月進めてきました。そして、とうとう準備期間も終えて・・・。

ようやく本日初釜!!

初めて使う釜で調子もわからないので、うまく焼けるかと心配したけど、フタを開けてみれば、なかなかの仕上がり!黄色いふっくらしたカステラが焼き上がりました。しばらくは釜のクセをつかむための試作期間。サクラの咲く頃にはオープンする予定なので、みなさまお越しください!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/15

空き店舗

豊中駅前の空き店舗利用の打ち合わせ。今回は設計と施工を合わせた仕事。いつもと違う仕事のスタイルで、初めて組む相手なので進め方を模索しながら。あと一ヶ月で設計を固めて、GW明けには着工予定。内装工事のボランティア募集中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/14

確定申告

明日が締め切りなので、確定申告の書類作り。初めてなので要領も悪く、ほぼ一日それだけしていました。具体的に数字が現れると、仕事の収入や経費がはっきり見えてくる。あたりまえだけどコスト管理の必要性を考えさせられる。税金のこともいろいろ勉強だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/03/13

似非自由設計

中学の頃からの友人から家の設計相談をうける。 
中学の仲間では一番の出世頭。結婚も一番早くて、子供も二人。そして、とうとう今度はマイホーム。

去年の夏頃から家の相談を受けていたのだけど、土地探しや諸々を自分でやっていくにはたいそうな労力がいるわけで、建売の物件にいつのまにか決めてしまった。ちょっと、残念。

建売屋さんのプランができたので、見てもらいたいといことで事務所にやってきた。「いいな」とは言えないプラン。まぁ建売物件の性格上むずかしいかなとも思う。いろいろ話を聞きながら、出来そうな範囲で良くなるようプランを考える。

僕「ここに壁がないほうがリビングが広く見えていいよね」
友「そうなんだけど、ここのウラには背の高い靴箱がくるから、壁じゃないと・・」
僕「え、?じゃ、低い家具でもいいじゃない。壁はナシで靴箱は低いものにして。低いのなら安くなるだろうし。」
友「たぶん、大きさは代えられない。値段も変わらないし・・・。」
僕「うーん。大きなのはいらないのになぁ・・。設計段階だからどうにでもなりそうなものだけどね・・。ま、仕方ないなら、あーして、こーして・・・。(家具だけのためにもったいないなぁ・・)」
 
友「キッチンの前の吊棚は無いほうが邪魔じゃなくていいよね?部屋も広く見えるし。」
僕「絶対ないほうがいいよ。ほか場所で収納量も十分あるプランだし。なくして浮いたお金で違うとこにかけたほうがいいし。」
友「うーん。辞めてもお金は変らないんだって・・。欲しくないんだけどついてるのなら、もったいないなぁ、て気もするし・・・。」

友「キッチンの壁はタイルかキッチンパネルかまよってるんだけど・・。」
僕「個人的にはタイルが好きだけど、キッチンパネルは掃除しやすいから主婦には人気だね。嫁さんに聞いたら?」
友「嫁さんもキッチンパネルにしたいらしいんだけど・・・」
僕「じゃ、そうしたら。キッチンパネルなら少し増額かも知れなけどそんなに変らないだろうしね。」
友「それがね。キッチンパネルにしたら5万円の増額なんだ・・・」
僕「え。五万??それは高いな・・。」

とまあ、こんな感じ。

自由設計と謳っていた建売だったので彼は期待したそうだけど、フタを開けてみるとやっぱり制約が多い。標準設計から仕様を替えようとすると、待ってましたとばかりに「増額です」と営業マン。お金の基準も不明瞭。近ごろ、自由設計とうたったマンションとか建売が山ほどあるけど、いずれにしろガチガチの商業ベースで家作りを考えてるんだから、そんなに自由が通るわけがない。コマーシャリズムの前では本当の家作り、環境作りのことを一般ユーザーが知ることは難しいけど(毎週土日新聞の折込チラシは建売やマンション広告の山、最近ではテレビでもそれに違わない番組が多い・・。)いろんなユーザーに家作りの本当の楽しさを知ってほしいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年4月 »