« 丁稚場の紹介 | トップページ | 確定申告 »

2005/03/13

似非自由設計

中学の頃からの友人から家の設計相談をうける。 
中学の仲間では一番の出世頭。結婚も一番早くて、子供も二人。そして、とうとう今度はマイホーム。

去年の夏頃から家の相談を受けていたのだけど、土地探しや諸々を自分でやっていくにはたいそうな労力がいるわけで、建売の物件にいつのまにか決めてしまった。ちょっと、残念。

建売屋さんのプランができたので、見てもらいたいといことで事務所にやってきた。「いいな」とは言えないプラン。まぁ建売物件の性格上むずかしいかなとも思う。いろいろ話を聞きながら、出来そうな範囲で良くなるようプランを考える。

僕「ここに壁がないほうがリビングが広く見えていいよね」
友「そうなんだけど、ここのウラには背の高い靴箱がくるから、壁じゃないと・・」
僕「え、?じゃ、低い家具でもいいじゃない。壁はナシで靴箱は低いものにして。低いのなら安くなるだろうし。」
友「たぶん、大きさは代えられない。値段も変わらないし・・・。」
僕「うーん。大きなのはいらないのになぁ・・。設計段階だからどうにでもなりそうなものだけどね・・。ま、仕方ないなら、あーして、こーして・・・。(家具だけのためにもったいないなぁ・・)」
 
友「キッチンの前の吊棚は無いほうが邪魔じゃなくていいよね?部屋も広く見えるし。」
僕「絶対ないほうがいいよ。ほか場所で収納量も十分あるプランだし。なくして浮いたお金で違うとこにかけたほうがいいし。」
友「うーん。辞めてもお金は変らないんだって・・。欲しくないんだけどついてるのなら、もったいないなぁ、て気もするし・・・。」

友「キッチンの壁はタイルかキッチンパネルかまよってるんだけど・・。」
僕「個人的にはタイルが好きだけど、キッチンパネルは掃除しやすいから主婦には人気だね。嫁さんに聞いたら?」
友「嫁さんもキッチンパネルにしたいらしいんだけど・・・」
僕「じゃ、そうしたら。キッチンパネルなら少し増額かも知れなけどそんなに変らないだろうしね。」
友「それがね。キッチンパネルにしたら5万円の増額なんだ・・・」
僕「え。五万??それは高いな・・。」

とまあ、こんな感じ。

自由設計と謳っていた建売だったので彼は期待したそうだけど、フタを開けてみるとやっぱり制約が多い。標準設計から仕様を替えようとすると、待ってましたとばかりに「増額です」と営業マン。お金の基準も不明瞭。近ごろ、自由設計とうたったマンションとか建売が山ほどあるけど、いずれにしろガチガチの商業ベースで家作りを考えてるんだから、そんなに自由が通るわけがない。コマーシャリズムの前では本当の家作り、環境作りのことを一般ユーザーが知ることは難しいけど(毎週土日新聞の折込チラシは建売やマンション広告の山、最近ではテレビでもそれに違わない番組が多い・・。)いろんなユーザーに家作りの本当の楽しさを知ってほしいなと思います。

|

« 丁稚場の紹介 | トップページ | 確定申告 »

連・建築舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 似非自由設計:

« 丁稚場の紹介 | トップページ | 確定申告 »