« 解体開始! | トップページ | サクラ »

2005/03/29

水の都・大阪

水の都大阪再生シンポジウム
へいってきました。

かつてあった「水の都・大阪」を取り戻そうというイベント。

大阪の街にはたくさん運河の歴史の名残を見つけることはできるけど、それは高速道路下の護岸された汚い水辺。
「水の都」を失ってしまった大阪には失望していました。

だけど、今日のフォーラムですこし考え方が変わりました。

パネラーたちの「水の都」を再生しようとしている実際の活動のことや実現していないまでもそこを目指す想いなどを聞くと、大阪の水辺もまだまだ捨てたものじゃない気がしてきました。昔を懐古していても仕方ないし、何も生まれません。今はそんな状況でも、他の都市に比べて運河が多く水の近い、歴史のある大阪は、よい街に変化していくポテンシャルがあるんだと思えました。反省。

「今までは川を排水施設としてしか考えてこなかった。人の生活と結びついた川という視点が全くなかった。」とクニの役人さんの最後の言葉が印象的でした。

|

« 解体開始! | トップページ | サクラ »

講演・建築展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水の都・大阪:

« 解体開始! | トップページ | サクラ »