« 赤い屋根 | トップページ | 沖縄の強さ »

2005/04/23

名護市庁舎

nagosityousya02


名護市庁舎は建築学会賞も受賞した、象設計集団設計の建築。
沖縄に行く機会があったら行ってみたいと思っていたので、訪問してみました。

名護までは那覇から65km。
100ccバイクでノンビリと。

途中の読谷(ヨミタン)の集落に立ち寄ったり、
マニアックだけど、風変わりな団地郡を発見して、写真撮ったり。

そんなことしていると、名護に着いたのはpm5時も超える頃。
メインの国道沿いのそれは他の風貌とは異彩ですぐに名護市庁舎だとわかる。

外観はコンクリートブロックのピンクと灰色のストライプ模様。
そして、何体ものシーサーがこっちを向いている。形、顔が全部違う。

新築当初はピンクがハデでケバケバしいようだったけど、
もうそれも色褪せてほどよい色に落ち着いている。

強い日差しの沖縄の風土にあった深い軒、壁のほとんど見当たらないサッシと
柱だけの開放的な平面計画がとっても気持ち良さそう。

ところどころに色彩鮮やかな花が植えられ、建物を飾っているのも沖縄でよくみる風景。

単純だけど変化に富んだダイナミックな空間構成を感じられる楽しい建物でした。お勧めです。

|

« 赤い屋根 | トップページ | 沖縄の強さ »

街・建築めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名護市庁舎:

« 赤い屋根 | トップページ | 沖縄の強さ »