« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月

2005/06/30

プチツーリング

kaidan

朝から和泉の現場へ。
もう工事は終わってる物件ですが、電柱の移設などの話があって、その対応。

その現場へ行くときは、阪神高速を使って行程を楽しむこともなく、いつもならバイクで往復してしまうのですが、今日は天気も良いので帰路はノンビリと下道で帰ることに。1時間ほどの街中の旅路。知らない道など通りながら、景色がいいわけではないけど、高速道路の両側に延々と続く味気もない防音壁を見てのドライブよりは十分楽しい。「この道がここにつながるのか!」てな、たわいのない発見なんかもありますし。天気が良すぎて腕が真っ赤に焼けてしまったのがちょいと痛いけど、たまにはいいもんです。

それくらい心にも余裕がないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/25

土の表情が力強い作品です

今日はとっても暑い日でしたねぇ・・。

夏至は後ろへいってしまったので、太陽高度的にはピークは通過。それとは別で気温のほうはそろそろ夏日、真夏日のオンパレードになりそうな。これからピークへって雰囲気です。どうやら、今年の梅雨もカラ梅雨との噂だし。暑い暑い夏が近づいてます。

暑さの少し和らぐ夕方前にギャラリー「夢創館」のオープンニングイベントに行ってきました。メキシコのアーティストの展示開催を記念してのパーティー。ここのギャラリーのキュレイターが友人なのでたまに遊びにいっています。土とワラ、顔料でキャンパスに表現する作品。メキシコとあって、色づかいがとっても鮮やか。特に「アカ」は日本的でなく、印象的でした。また、その「アカ」をよりいっそう際立たせる日本的な「クロ」や淡い「ミドリ」もつかわれた作品もほどよく配置されています。この色ががスッと自分にはいってくるので、全体として異国感なく、違和感なく鑑賞できました。

自然の材料を力強く表現していて、ケンチクにもフィードバックできそうな作品でした。お時間あればどうぞ行ってみてください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/23

安眠

サッカーヅケの近頃、寝不足です。
先日の日本-ブラジル戦も、スポーツ・バーなるところで、見てきました。
「any style」
am3時45分キックオフにもかかわらず、そこには10人くらいのお客さん。みな気合十分。大画面で二時間、釘付けでした。サッカーは大人数で観戦するに限ります。

我が家の夏はひどいもの。クーラーがないので、暑い日は安眠しづらい。隙間が多い木造の家なので、網戸をしていても用をなさず。前が公園で緑が多いのも手伝って、蚊もブンブン飛んでいます。そんななので、寝床についても暑かったり、「ヴゥゥーーん」というあの蚊のおぞましい羽音が耳に入って、寝るに寝れないのが、我が夏でした。

が、今夏はいいものを手に入れました。
友人から「蚊帳」をいただきました。張るのが面倒くさそうと思ってたのだけど、意外に扱いやすい。大きく張って、その網の袋の中に寝床をつくります。窓を大解放して、薄着で「大」の字になっても、あの憎らしい生き物が現れない。大の字だから、ゆっくりした風も感じて、かすかに涼しい。昔の人は、クーラーナシでも快適な寝床をつくってたんだなと思います。優れものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/18

大大阪

daibuilding3

「ダイオオサカ」と読みます。
大正時代、日本でイチバンの繁栄を誇ってた大阪の呼称。

その大阪が元気だった大正時代に建てられた名近代建築、ダイビル。中の島に位置します。そこの1階にある、その名も喫茶「大大阪」に寄って来ました。

美味しいコーヒーがいただけます。

新旧問わず、大阪発のデザインの優れた文具などが展示してあったり。「大大阪」に触れた書籍などもあって、ものづくりの街だった大阪の古き良き時代の記憶や、そこから、しっかりと継承されている大阪も垣間見れます。

大阪は、グッドデザイン文房具の宝庫だった .

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/15

予備校からのながい付き合い

大学受験と大学とその他モロモロを長いこと共にしている友人が札幌より来阪。
「明日帰るから、今晩時間あるか?」といきなり夕方に着信。思い付きで気分で声を掛けてくるのも彼女らしいか。

「からほり界隈」の”練-レン”でいっぱいやる。タイカレーと乾物イチジクがおいしい。彼女は卒業後も札幌にずっといるけど、近ごろは不完全燃焼気味。だけど、今度は大阪で面白いことがあるようで、来月末には帰阪するようなことも考えてるそうな・・・。
大歓迎です。地方の大学いくと、全国からひとが集まってくるのは楽しいのだけど、反面、働き口もバラバラで、今や友は全国津々浦々。大阪には大学時の友人はほとんど居ないし、彼女が戻ってきたら心強い。シゴトなんかもいっしょに出来たらいいなと。

どんでん返しも多い性格なので、期待せずに、待ってます。

そうそう、最近飲みの記事が多いですが、そればかりしてるわけではないので・・・。
仕事もきちんとやっております。(ただ今、保育所の基本図面でてんやわんや・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/13

カステラ工房

kasuterakoubou01


丁稚場(事務所兼我が家)の庭に建つ二坪(4畳)のカステラ工房です。
光が差して明るく、風も抜けて環境がイチバン良いとこです。(本体にもないクーラー付)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/12

梅雨入記念の餃子パーティー

梅雨入りしました。
雨はキライではないです。いろいろ汚いものを流してくれそうで。

高校の友人がふたりしてやってきました。
ひとりは高校時からずっと仲良くしてるトモダチ。毎年一回ぐらい必ずあってるような友。もうひとりは当時はあまり交流はなかったけど、フトしたきっかけで帽子を創ってもらったりと半年くらい前からの付き合い。ふたりとも高校二年生のときのクラスメイト。
我が家で餃子とフランスパンのサンドとお菓子などで、ミニパーティを催しました。昔のアルバムや名簿などを持ち出して当時の名前チェック、記憶チェック。クラスメイトでさえ顔と名前が一致しなかったり、記憶なんていい加減なもの。あの頃は一緒に随分な時間を共にしてた友達でさえ、今は何してることやらって感じだったり。かといったら、彼女みたく、当時はほとんど会話もしていないのに、今、眼の前にいたり・・・。
あたりまえだけど、ひとって現在でしか生きられないのだと思います。ひととの関係もここで時間を共有してることだけが真なのかなと。後ろじゃなく、現在を大事にしたいと思います。そこから生まれるものとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/09

まだまだ、これから。

今夏、嫁に行く予定の妹が式の打ち合わせのため東京から帰阪。で、それと合せて還暦を迎えるオヤジを祝う宴を企画。家族五人で「味庵」へ。誕生日だからといって集まったり、祝ったりすることはあまりしない家族だけど、還暦とあらばさすがにね・・。還暦はあかちゃんに戻るというわけで、赤いチャンチャンコを贈る風習などもあるらしいけど、まだまだ仕事も趣味も生活も現役ですし。まだまだヒト花、咲かせてください。フタ花でも、ミ花でも。期待しています。

「味庵」は友人のおばさんがやってる韓国料理屋さん。おいしいので行ってみてください。
「うつほ日記」さん、「うまから手帖」さんにも紹介されています。暑い季節が近づいているし、精をつけに辛いお料理のランチなどいかがですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/06/08

いいシステムですか

060605

いま一緒に仕事をしているYさんに焼肉屋に連れて行ってもらう。親子ほど歳が離れているので、カワイがってもらってます。ここの焼肉屋、地元ではタイソウな人気店らしく、いつも並ぶのは当たり前だけど、今晩は20分くらい待つだけで、ご案内。

個室に通されると細い縦ラインがキレイな古材の建具を壁に利用した落ち着いたお部屋。天井高さが低いのもいい。照明の演出も楽しい。ふと目に入ったのは、あまり見慣れないモノ。なんだろう・・?どうやらセルフで生ビールを飲むシステムで、サーバーの口らしい。飲んだ量がデジタル表示で「○○ml」と表示される。眼の前で数字が上がるのはあまり気持ち良くないかな。タクシーのメーターとかもイラナイ心配するし。どうせなら、割り切って会計時だけに分かるだけで、気持ちよく飲みたいなぁ。と、思ってたのも最初だけ。一度、お酒が入ったらまるでガソリンスタンドの表示のように上がるは上がるは・・。そんなこと気にしないで飲みたいだけ飲んでました・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/04

サッカー観戦

またまた、サッカーを観戦しに、天満橋のいきつけカフェ「リビング」に。
最近、代表戦があるたびに行っているので、オーナーも「やっぱり、来ましたねぇー」と迎えてくる。
バーレーンでの試合なのでキックオフは夜中の1時半。で、ここのお店は2時までなのだけど、他のお客さんが帰っても、「最後までどうぞ」の言葉に甘えて、遠慮なく最後まで。3時超えでした。ありがとうございます。
次戦は、続けて8日にタイ・バンコクでの北朝鮮戦。また、おじゃましよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/06/02

とりあえず一安心でした

gaikan01

ひさしぶりに去年リフォームしたOさんところへ。
随分遅れてしまったけど、竣工図を届けにいく。

時間が経って、お施主さんのところへ行くときは楽しみ半面、少し緊張するところもあります。
なにかクレームがこないかな・・。
あの寸法は使い勝手が良かろうか・・。
ムク材をつかったものの、必要以上にあばれてないだろうか・・。
汚れていないだろうか・・。
などなど・・。

一年前は現場通いで馴染みの道をノスタルジックを感じながら辿り着きました。
そんな杞憂もどこへやら。相変わらず、Oさんもお家も元気にしておられて一安心。
お茶と近居報告(ちょっとだけクレームも?!)で午後の一時間ほどをお邪魔しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »