« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月

2005/07/31

サッカー漬けの休日

kura

ひさしぶりのサッカーの試合。観るほうじゃなくて、やるほう。

フットサル(小さいサッカー)は二週にいっぺん程度やってますが、
大きいサッカーは久しぶり。半年振りくらいか・・。

パンツやソックスを心斎橋のKAMOで買い足して出発。
富田林の総合公園までバイクで。

このへんはあまり土地勘もないし、バイクだと地図もろくに見れないので、
迷いながらフラフラと。

先に着いているチームメイトに道を尋ねながら無事到着も残念ながら遅刻。

イチバン遅れた人は試合後のユニフォームを洗濯しないといけないのですが、
あまり余裕を持って計画しない性なので、よく洗っています・・。

試合後(結果は散々でした)、せっかく来た富田林なので駅前の寺内町を探索。
「あてまげの道」が画一化されない町の表情をつくっていて、ヒューマンな感じがいい。
道って大事。黒いアスファルトの道は味気ない。

のんびりしたかったけど、今日は時間もないので、見学もそこそこに大阪へと戻る。
夜は東アジア選手権の北朝鮮戦。いつもの店で友人三人とビール片手に観戦。

朝から晩までサッカーばかりの一日でした。健康的です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/30

来客万来!

今週は来客万来。
夕方になると毎日のように、友人・知人が事務所(=丁稚場)にやってきました。

とくに用事もなく、思いつきでフラッとよってくれたり。
ヒマだし、とか。そんな理由。

理由もなく寄ってくれる人がいるのはありがたいことです。

そんなわけで今週は飲みに繰り出してばかり。

焼き鳥、沖縄料理、韓国料理、で食後の「深化」←知る人ぞ知る谷町の不思議なバー
によったりと、満足の食生活にアフターワークでした。

屋久島の「三岳」の差し入れなんかもありました。感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/26

天神祭

天神祭り。
大阪のイチバン大きなお祭り。船渡御のメイン舞台、大川からたくさんの花火が打ち上げられます。

大阪人と言えども、もともとの家の出が「キタ」よりまだ北の淀川も越えるところの育ちなので、このお祭りはあまり馴染がありませんでした。花火大会といえば、淀川の「水都祭」。

だけど、今は天神さんも近い谷町に住んでいたり、以前勤めていた会社も大川の”眼と鼻の先”だったりで、大阪っぽい環境。この時期「天神祭」は否が応でも目にし耳にします。気にならない訳がありません。今となっては夏の大きなイベントです。

そんなお祭りの日、ここ数年は毎年、大川近くに住む友人のマンションにお邪魔してます。皆を集めて屋上から、真横に見える花火を楽しんでます。今年はその主宰の友人が妊娠中とこのことで、中止だろうなと思ってましたが、数日前に恒例の屋上ビアガーデンのお誘い。今年も来ましたかぁ。

で、楽しみにしていたのですが、今日は仕事の打ち合わせが運悪く長期戦に入ってしまいます。終了後バイクを飛ばすも、いつもの場所に着いたのはpm9時半超・・・。もう花火のかけらもなにもありませんでした・・。残念。

花火も終わったので、あとは部屋に戻って恒例のお酒の入った語りあい。いつもここに来るメンバとは、自分の思いをぶつけあってます。世の中のこと、街のこととか、未来のこと今のこと。オトコとかオンナのこととかも。メンバは下はハタチから、上はもう孫もいるおじいちゃんまで。巾の広い、おもろいメンバで議論激論・・。学生時代のノリのよう。日付が替わるまで長居させてもらいました。ありがとう。

花火は残念だったけど、久しぶりの友人はおなかも随分大きくなって、表情も優しい感じで順調そうで一安心。秋には新しい命が生まれるみたいです。それまた楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/17

太陽の塔

taiyonoto

’70年の大阪万博の「太陽の塔」に行ってきました。
塔の中を見学できるというプチツアーに参加しようとの友人のお誘いがあったので。

「太陽の塔」って、大阪人にとっては馴染みのあるモニュメント。個人的にもおばあさん宅や高校が茨木だったり、中国道を通ると真横に見えたりということで、よく眼にもしてました。だけど、近くに寄ることもなくただの遠景としてだけ。

そんな「塔」に中に入れる機会なんてそうあるものでもないかと、行ってきました。

当時の面影は随分なくなったようですが、それでも日本が高度成長期にあれだけの規模のお祭りをやってのけた力を十分感じさせてくれましたよ。当時の様子を伝えるビデオとお話。「太陽の塔」の100分の1の模型もありました。写真の高架の鉄骨組みの空中通路なんてのも、あそこにいる自分を想像してワクワクするし。生まれる前の過去の出来事であるのが残念。あんなに面白そうなお祭りだったなら、行かない手はないです・・・。

写真は当時の写真よりトリミング。35年経った今みても、旧さのない十分に近未来的な絵。何か打ち落しているような、黄金の顔の眼から光線が出てるのも愉快です。

「愛地球博」にもいかねば・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/14

二人三脚

近頃、なんやかんやとやることが増えてきたので、以前勤めていた事務所の先輩にヘルプを頼みました。ひとりで図面を描いていても、発想に限界があったりします。一人より二人、二人より三人で。まぁ、たまにあわないセンスもあるけど、それも好しということで。

二人三脚でやってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/12

コロンビアへと

HUSVの後輩が旅立ったようです。
青年海外協力隊で南米コロンビアへ。

自分もちょっと興味があって、就職活動の頃、説明会などにいってたことがあります。

先の自分を思い浮かべることは、その場その時であることだけど。それが今の環境から違えば違うほど、そっちへ向かうには強い想いと体力がいるだろうと思います。頭に浮かぶなんかはいくらでも浮かぶし、言葉にするのも簡単。それを現実に行動して実現していくのは大きな一歩だなと思います。

中南米は遺跡でも観にいきたいトコだし、あそびにでも・・・。
(言葉にするのは簡単だ・・・。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/09

瓦、たくさんあります

kawara

現場の脇に瓦がたくさん積まれています。

住宅の建て替えの現場で、もともとのお家に使っていた屋根瓦を新しいお家でも再利用しようと、状態の良いものを残しています。一部は壁に埋めたり、床に埋めたりというようなことは考えているのですが、まだまだ余りそうで、どこに使おうかと悩み中。

何かおもしろいアイデアがあったら、ご教授ください!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/07/06

消防署の訓練

今、ある保育園の計画をしています。

設計する前に、条例や法規の扱いで役所などと事前に相談しないといけないのだけど、消防署にも行ったりします。消防法という法律は消防署の管轄なので。ケンチク屋の仕事であまり知られていない地味な作業。

そんなわけで、計画が固まってきたので打ち合わせに消防署へ。消防署につくと、エラク激しい気合の入った声が声が聞こえます。どうやら、訓練中。大学時の山スキー部在籍中に医療講習会やら搬送訓練などの救助訓練の経験は多少なりともありますが、今は昔、体に染み付くほど身についてないのが正直なとこ・・・。

消防の人たちが、ああして毎日(かは知らないけど・・)のように体に身につくほどに、プロとして真剣に訓練しているを間近にみると、安心感を覚えました。ちゃんと市民を守ってくれそうだ。

プロとして、ある技術を身につけていくのは責任でもあるし。それが世のため人のためになってるっていうのは幸せなことです。自分もそうならねば。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/07/03

重宝してます

週末は雨でした。
琵琶湖の水位が100年で最低なんてニュースもあったし、恵みの雨です。

雨でもほとんどバイクで行動します。濡れるのがあまり苦でないので。山に登る人は多分みんなそう。雨やら風、雪にうたれるのに慣れています。ヘルメットからの視界がすこし悪いのと、大雨の時は着替えを荷物に忍ばせないといけないのが面倒くさいくらい。なるだけバイクを使っています。

今日も打ち合わせや法事などがあったので、豊中に行ったり、茨木に行ったり。時間がイチバン稼げて、駐車にもコマラズ、便利な欠かせない乗り物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »