« 久原鉄秀展 「Fe」 | トップページ | ある朝スープは »

2005/11/10

もったいない

051108

もったいないので、いただいてきました。

鶴見区のガラス工房だったログハウスを保育所に建替えるとの情報をもらったので、
解体する前にモノになりそうなものが無いかと物色しにいきました。

大阪の街にあるには不思議なくらいの立派なログハウスです。

寄付きには大きなケヤキ。外壁は豪快な丸太組み。
ペアガラスの木製の窓。レトロな照明。
床も壁も全てモクのムク材。厚みのあるカウンターなどなど・・。

まだそれほど古くなく使えそうなものばかり。

これらが明日には機械で無残に取り壊されチップになってしまうのは、
本当にもったいない。

まず、照明類を丁寧に取り外し。
そのあとは豪快にドンドンバリバリと天井や壁を剥がしました。
15mm、18mmと厚みのある縁甲板がたくさん取れました。

ちょっと加工してやれば、十分使えそうです。

建具はムクの框扉でペアガラスなので重い重い。
取り外したは良いものの運ぶのが一苦労です・・。

照明も早速、接続しなおして丁稚場で再利用です。

|

« 久原鉄秀展 「Fe」 | トップページ | ある朝スープは »

連・建築舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もったいない:

« 久原鉄秀展 「Fe」 | トップページ | ある朝スープは »