« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006/05/29

床塗り(途中)

20060526

ずっとしたいしたいと思っていた丁稚場の床塗りをやりました。と、いっても半分だけです。今日やる予定はなかったのですが、気分屋のあずささんが朝イチ突然やる気になったので。。。古家の解体のときに頂いた杉の床板です。もともとキレイな状態でもなかった上に、さらに3年も経っているので汚れも目立っていました。とりあえず、家具もあるので半分だけ塗りました。気分屋のあずささん、半分塗ったら満足したのか、モクセイさんの試作品でいただいたケーキで打ち上げ(?!)用意をしてくれました。さて、のこりの半分の塗装はいつになるやら。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/27

「モクセイ」オープンです!

20060528_1

ケーキカフェ「モクセイ」がオープンします。福島の二件長屋の1階部分を改修しました。大阪市大と京都精華大の建築学生さんの皆とセルフビルドでコツコトとつくってきたカフェです。先日、現場での打ち上げも無事終了。週明けの5月29日(月)にコソッと営業開始予定です。(←オーナーが大々的にオープンしたくないということで、コソッと始めるそうです・・)お近くに寄ったときはぜひケーキをご賞味しに足を運んでみてください。靴を脱いでゆっくり時間を過ごせる空間です。

***********
喫茶・ケーキ 「モクセイ」

住所:大阪市福島区吉野1-9-16
電話:06-6447-4413

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/05/23

風水土のしつらい展

20060522

「風水土のしつらい展」

古色の美のナカジマさんの出展があるということで、最終日でしたが梅田大丸へ行ってきました。木や土や絹に紙、鉄、石などなど、自然界の身近な素材をつかった作品が目白押し。日本の、アジアの衣食住の文化の中には、機能的にも意匠的にも優れた自然のモノが、たくさんあったのだと感じさせてくれました。今の世に溢れる使い捨ての化学製品とは違う、使って生まれかわる素材たち。大切な文化です。

石原稔久氏の作品が気になりました。棚に並ぶどの作品も、とても土っぽい優しい質感。あまり見ない表情をする焼き物で、目に留まりました。聞くと、弥生時代の土器の風合いをつくりたかったそうで、苦心の末、生まれた作品のようです。新しい表情だとおもったのですが、弥生式土器とは。。言われてみれば、なるほどまさに教科書で見た土器です。ひとめ気に入った椀をひとついただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/22

2006吉阪隆正展-内藤廣講演

20060520

京都工芸繊維大学で行われている「吉阪隆正展2006」へ。弟子の内藤廣氏の講演も企画されていたので、それにも合せて。

14時スタートでしたが、ちょっと遅れて到着した頃には会場は超満員。会場には入れずで、会場を移すテレビ越しの聴聞となってしまいました。吉阪氏とおなじ、所属(国籍だったり場所だったり立場だったり)を越えることを厭わないひとたち(内藤氏は「境界線の人」と表現)の話から。次に吉阪氏本人の人物像にせまり、作品のスライドへ。多国籍な感覚で普遍的な力強い建築をつくり、モノのカタチで人と人をつなげようとし(有形学)、それを弟子達に伝える教育者であった吉阪隆正の生きかた。去年にお話を聞く機会のあった象設計集団・樋口氏の考え方にしても、今回の内藤廣氏にしても、吉阪研究室出身者の方々は強く吉阪隆正の思想の影響を受けているようです。それだけ吉阪隆正が偉大な思想家であったのだろうと思います。

「40年前、吉阪隆正が考えたことを、いまの若い人が勉強したらよい」

それまでの価値観が崩壊し、進むべき道がわかりにくい戦後の転換期を生きた吉阪氏の思想に今顧みることを説きます。既価値観の崩壊という点で似通っている現代を20代30代が考え変えていかないと、これから先面白くない世の中になってしまうと、講演をしめられました。「今の建築界の潮流はほとんど茶番だ」といい放つ内藤氏。自分も表層的ではなく普遍的な力ある建築を求めたいと思います。

肝心の「2006吉阪隆正展」は吉阪氏のディテールへのこだわりを感じさせてくれる秀逸な展です。今月いっぱい京都工芸繊維大学で展示がされているのでぜひ興味ある方は。巡回展で次なる地は九州ということです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

エニシダ

20060501

連休もそろそろ終ろうとしています。今年の連休は山に行かない連休となってしまいました。山に行かないGWは、多分社会人一年目の時以来だから、7年ぶりでしょうか。連休明けアップの実施図面の仕上げに向けてバタバタです。

いつもなら自分もGW、正月、盆などの大型連休は、どこかに行ってしまうことが多いので、その時分のオオサカの街っていうのを、あまり体験したことがありません。人も車もいつもより少なくて、普段せかせかしている都会の時間が、ゆっくり流れていて、意外とよい雰囲気。歩いている人も車に乗っている人も、心に余裕があるよう。普段の平日もこんな雰囲気で社会が廻っていたら、みな余裕があっていいのに。なんて、思いながら、自分はせかせか事務所でパソソコに向かっています・・・。

メンテナンスで久しぶりにO邸にお邪魔しました。黄色いエニシダがヴォリュームたっぷりでキレイでした。

| | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »