« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/21

和太鼓ライブ

20061021

久しぶりの山で、アイゼントレーニングを京都の金毘羅山へ行った帰り、邪牛さんに誘われ鞍馬のとあるお寺へ。「ツキサガシ」という和太鼓ライブがあるそうな。お寺でライブなんて、ちょっと聞くだけで面白そうな企画なので、ヒトツ返事でついていきました。お寺に近づくと聞こえてきます、太鼓の音が。おーおーやってるなと、会場に行ってみるとビックリ。太鼓というからには、勇ましい男性陣が太鼓の皮が破れんばかりにドンドコしているのをイメージしていたのですが、裏切られました・・・。奥行きのある三次元空間のお寺の舞台に立つ演奏者は女性陣ばかり。男性はひとりだけ。演奏スタイルも太鼓だけではなく、バイオリンに篠笛と呼ばれる笛とのコラボレーション。フンドシにハラマキ姿でなく、女性はきれいなドレス衣装で華やかです。もちろん演奏のほうもバイオリンと和太鼓が奏でるやわらかく力強い音を、お寺という小さな空間のいい距離感で、心地よく楽しませてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/17

鮭の会

20061016

北海道釧路より鮭が丸々三匹、丁稚場に届きました。去年は秋刀魚がやってきましたが、今年は鮭。毎年毎年ありがとうございます。さっそく魚は新鮮なうちがイチバンと、亀ちゃんにさばいてもらって、鮭パーティーを開催。鮭鍋に、白子焼きに、カマ焼き・・etcと鮭づくしで夜は更けていきました。・・・これだけ食べても1匹分を平らげただけ。丁稚場の冷蔵庫にはまだまだあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/09

彩都から箕面へと

20061019_1  200610192

午前中は現場。午後はあまりの秋晴れの誘惑に駆られて、亀ちゃんとツーリングへと。まずは、良い印象はないが以前から一度いってみたかった「彩都」へ。箕面から茨木にかけての山を切り開いた大規模宅地開発地域。ずいぶんな距離をバイクで徘徊したつもりだけど、「彩都街づくり館」に展示してあった総計画によると、まだまだ僕らが廻った場所は計画の序の口。少子化高齢化社会になっていく先に果たしてこんな開発が必要なのかどうか。。そして次なる目的地は箕面。快適な山間道を越えていき「箕面の瀧道」へ。「橋本邸」によるつもりでしたが、山にへばりつきそびえる巨大建築物に眼を惹かれ、足もそっち方向へと。坂倉準三氏設計の「箕面観光ホテル」。まずは100円を払って、エレベーターで上方へとアプローチ。まさに天空の街へアプローチするような気分。もう、これだけで100円の価値あり。ホテル前の広場からは北摂から梅田までの大阪の街が大遠望。絶景の風景がありました。間近でみるとスケールの巨大さとコンクリート打ちっぱなしの外壁の存在感に圧倒される。ホテル内も探索。手づくり感のある明るすぎない照明の中のレトロな内装。もう40年前の建物ですが、古びれずかっこよい空間。予期せぬ名建築を楽しめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »