« 倉敷市立美術館 | トップページ | 坂出人工土地 »

2007/01/17

地鎮祭

200701172
20070117_2

和歌山県の橋本市で産婦人科として使われていた既存建物を再利用して、「高齢者優良賃貸住宅」と「小規模多機能型居宅介護」の複合施設に用途転用する建物を設計中です。3人の建築士チームで仕事を進めています。個人事務所だと、ほかの建築士と仕事をすることは少ないのですが、ひょんなことでチームを組むことになりました。既存の鉄筋コンクリート造の建物を耐震補強等を施しながら、再生させようという試み。古くから街にある建物なので、いろんな人がこの建物のことを知っているようです(役所や近隣さんの声を聞くと、ほとんどの人が知っている!)。そんな古くから、この地にある建物を壊さずに、大事に再利用するということはスクラップビルドの社会が終焉をむかえようとしている今だからこそ、大切な仕事だと思っています。本日は地鎮祭を行ないました。普段は工務店さんが段取りをしてくれますが、今回はオーナーの手作りの地鎮祭。オーナーのご家族の方が総出で、準備をしてくれました。キャンプ用の真っ赤なテントの下、工事の順風満帆を願いました。

|

« 倉敷市立美術館 | トップページ | 坂出人工土地 »

連・建築舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地鎮祭:

« 倉敷市立美術館 | トップページ | 坂出人工土地 »