« 由布院美術館・由布院ドーム | トップページ | 熊本・小国Ⅱ »

2007/04/29

熊本・小国

■九州周遊■(vol.6:熊本・小国)

由布院を回って、久住高原経由で小国の街へ。小国町は「悠木の里つくり」という、地場産の小国杉をもっと自分たちの町が使おうよと、使ってそれを町の魅力としてアピールしようという取り組みが行なわれていて、木造の公共建築物が街に点在する。「オグニ」という名前は学生の頃に耳にしていて、いつか訪れたいと思っていたところ。なにを見ようでもなく、町中を通ってみるだけで、オっと目を引く建物があったり、木造トラスの道の駅「ゆうステーション」で情報を集めたり、立ち寄ったバーで地元情報を聞かせてもらったりすると、建築屋としては、興味が引かれることばかり。予定では明日福岡見物でもしようかと思っていたが、この街をもう少し見てみようと、フェリー出向に間に合うギリギリまで小国を見て回ることにした。

「ゆうステーション」
200704298
小国の道の駅。木造トラスの大空間。外部の全面ガラス張りで、映る風景が角度によって変化して面白い。小国情報コーナーも充実。

「小国ドーム」
200704299
さらに大きな大空間の木造トラス構造のドーム建築。実際中に入ってみると、写真などでみるより断然に迫力のある構造美、木造美。利用されてメンテも行き届いているのか色褪せない空間。大迫力。Y軸方向のRC壁が両側にあり、そこに曲線を描いたトラス屋根が架かる単純な構造計画。X軸方向は完全な開口となり、アプローチ方向から視線が抜けていく開放感のある、自然光がタクサン入るプランも秀逸です。

「BUSステーション」
2007042911
町役場前にも杉材を使った小さな建築が。バス停までもが木のデザインを取り入れている。なかなかかっこよい。(が、中の椅子がタタミが使われていてボロボロ。外部でタタミは・・)

「杖立温泉」

2007042912 2007042914

別府で聞いたが、最近ブームが来ているらしい温泉街。小国から10分ほど車で行くと山間にある。小国に着く前に途中立ち寄った、有名な黒川温泉はあまりに観光地化してしまって温泉街の味がなかったが、ここは斜面地ながらもトコロ狭しと路地が街中に走り、急な石畳の路を上っていくと、お地蔵さんがあったり、小さな公共宿があったり、猫が居たり。かといって、古いものだけでなく新井清一氏設計の熊本アートポリス建築があったり、空間的にも文化的にも多層に時間が積み重なっていてる。GWは鯉のぼりが川沿いに両岸から渡されていて、これも名物のよう。これだけの鯉のぼり群は見たことがない。

|

« 由布院美術館・由布院ドーム | トップページ | 熊本・小国Ⅱ »

街・建築めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熊本・小国:

« 由布院美術館・由布院ドーム | トップページ | 熊本・小国Ⅱ »