« ひぼこホール | トップページ | AERA創刊20周年記念 坂田栄一郎LOVE CALL-時代の肖像- »

2008/05/25

弘道小学校

Horomichi  Horomichi02

面白そうな小学校が出石にあることは頭には残っていたけど、プランどころか場所などの情報がないまま、ウロウロ街散策していると気になる小学校を発見。お目当ての弘道小学校でした。出石の町を眼下に見られる立地。町の端の小高い山あいで環境がとてもいいトコロ。休日だし多分中には入れないと思っていたけど、塀も外門も無くふらふらっと入っていけました。

予備知識も無いままでしたが、非常にいい空間でした。校舎が分節され小学校空間だけで小さなひとつの集落のよう。低学年棟、高学年棟、特別教室棟、職員室棟など、木造で小さなヴォリュームが散在する。その棟間に運動場があり、遊戯場があり。各棟を結ぶ渡り廊下があったり。さまざまな要素が見え隠れする。さらに、斜面地の高低差を活かした計画が、予期せぬ場面展開のある面白い空間を提供してくれる。駐車場からアプローチしたと思ったら、低学年棟の屋根レベルに出てきたり。そこからは出石の町が遠望できる。地上から特別教室棟に入ってトントンと階段を降りて渡り廊下に進むと、そこは空中廊下。抜けると遊技場にたどりついてしまう。そこはまた地上。長い階段を降りていく運動場への動線があったり。などなど。平面的にも断面的にも変化があってワクワクする。そこに居て楽しい。

不審者と思われそうだなと思いつつも、斜面を登ったり、建物の裏側に廻ってみたり、建具のディテールを観察したりと、なかなか足が遠のかず長々と探検。建築屋のサガか。

Horomichi05_2  Horomichi04


Horomichi03  

|

« ひぼこホール | トップページ | AERA創刊20周年記念 坂田栄一郎LOVE CALL-時代の肖像- »

街・建築めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弘道小学校:

« ひぼこホール | トップページ | AERA創刊20周年記念 坂田栄一郎LOVE CALL-時代の肖像- »