« 植村直己冒険館 | トップページ | 「上町のかすてら」夏休みのお知らせ »

2008/05/31

但馬ドーム

Tajimadome01 Tajimadome02

関西近郊のスキー場で有名な神鍋高原にあるドーム。高原道を気持ちよく走っていると、巨大な建築物が目に入る。どこのドームもそうだけど、ドーム建築は巨大でその場の強烈なモニュモントになる。

入ってみようと、表側に廻ってみると、そのドームらしき面影がなくなってしまった。この但馬ドームは表側(北)と裏側(南)と表情が全く異なる。普段イメージする白いテフロンテント膜に覆われた外装は裏側からの景色。僕が最初に見た方向もこちら。今みる表側は三角屋根を連続させたデザインでドーム建築とは似つかわない。山小屋をイメージしているそう。コチラからアプローチしていたたらドームとは思えなかっただろう。

”見学自由”と書いていたので(←こういうのがあると、気を使わなくて、とってもありがたい!)、中に入ってみると、表側と裏側で構造が別になっているのがよくわかる。開閉可能なドーム屋根は鉄骨部材が放射線状に流れ、大空間を構成している。連続三角屋根の下方の空間は、人の動線部分だったり、バックヤード、観客席などの機能が集約。縦横無尽に走る立体トラス構造で鉄骨フレームが重なりあい、それらの空間がつくられる。構造体が間近に迫り、迫力がある。ただ全体の印象としては鉄骨のわりに、意外に部材が多くて大きく、少々重々しい感も。開閉式で屋根(壁)自体が動くため強さが必要なのか。構造が裏表で分かれるため、全体で合理的に計画しにくいせいか。そういえば、去年見た熊本の小国ドームは木と鉄のコラボレーションで構造が軽やかで美しかったなぁ、と思いだした。

但馬ドーム

|

« 植村直己冒険館 | トップページ | 「上町のかすてら」夏休みのお知らせ »

街・建築めぐり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 但馬ドーム:

« 植村直己冒険館 | トップページ | 「上町のかすてら」夏休みのお知らせ »