« 文楽鑑賞 | トップページ | ふくらすずめさんオープンに向けて »

2010/01/26

三方崩山・1897と四岳北面台地と「山想」リニューアル

先々週末になりますが、山に行ってきました。目指した場所は三方崩山の北側の・1897峰。大雪後だったのでラッセル(雪を掻き分け進むこと)が厳しく、ほとんど進むことができず敗退でした。

201001252  201001254
 
気を取り直して、二日目は北アルプスの四岳へと、平湯温泉から北東尾根経由で登りました。こちらも深い雪でしたが先行トレースのおかげで順調にピーク直下まで行って、疎林帯のパウダースノーを滑ってきました。これだけスキーが楽しめた山も近頃記憶にないくらい。大満足でした。四岳北面台地は山スキーにはいい山ですね。

20100125 201001253

2003年より山とスキーの記録と写真のHPを運営していますが、ブログに比べて更新が面倒くさく、特に山はポジフィルム撮りなので、フィルムスキャンに時間がかかることから手付かずで、ここ1年半ほどほったらかしでした。が、やはり山の記録は個人的にも残さねばと思い直って更新を再開しました。ついでに気分一新でデザインもプチリニューアルしましたので、こちらもよろしくお願いします。

今年の山行目標日数、15日!

山スキーと沢登りの記録と写真「山想」

|

« 文楽鑑賞 | トップページ | ふくらすずめさんオープンに向けて »

山スキーと沢登り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、カステラファンのみなみです。

ちょこちょことブログ覗かせていただきました。
真っ白ふかふかそうな雪、気持ち良さそうですね!
私は山女ではありませんが
ちょうど山岳系の小説を読んでいるところなんですよ^^

投稿: みなみ | 2010/01/28 09:06

カステラファンのみなみ様。

先日に続き、コメントありがとうございます。
(ほとんど一方通行なのでコメントがあると嬉しいものですね。)

真っ白な雪と真っ青な空と樹林に輝く木漏れ日。この上なく気持ちよいですよ~。

山岳小説は何でしょうか?

山岳関連の本は技術本やルート本は見ますが、小説はあまり読んだことがありません。その少ない中でも夢枕獏氏の「神々の山嶺」はとても面白かったのでオススメです。

投稿: げんた | 2010/01/28 18:59

まさにそれ、「神々の山嶺」です。
今さらかも知れませんね^^;

昨夏、富士山に行く前に
山について情報収集していて気になり
ようやく読み始めました。

いま上巻の半分あたりです。


一方的なコメントにコメントくださって
ありがとうございます。
またブログにおじゃまします~

投稿: みなみ | 2010/01/29 09:17

おー、まさに「神々の山嶺」ですか!
それは奇遇。もう10年前の本ですよね。

上下巻で割合に厚みのある本でしたが、のめりこんで読みきってしまった記憶がありますね~。また読み直そうかな。。

投稿: げんた | 2010/01/29 22:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91373/47391353

この記事へのトラックバック一覧です: 三方崩山・1897と四岳北面台地と「山想」リニューアル:

« 文楽鑑賞 | トップページ | ふくらすずめさんオープンに向けて »