« 暮らし用品店舗着工しました。 | トップページ | 昭和町の長屋改修(暮らし用品)そろそろ完成。 »

2011/09/12

scopさんとogumaくん

今回はノートギャラリーでコラボしていただいた仲間の紹介。

201109132

設計するときはなるだけ植栽スペースをつくろうと計画するのですが、植物のことが疎いので、デザインはいつもスコップの嶋さんに願いしています。その場にあったデザインを提案してくれ、丁寧に仕事をしていただける大切な仕事なかまです。生き物だけに植えた後もメンテナンスが大切ですが、それにもアドバイスやフォローもしてもらえて助かります。

店主さんは自宅のお庭でたくさんの植物を育てられていて、その植物たちをつかってデザインしてもらいたいという要望がありました。嶋さんは小さなスペースなので最初はシンプルに数種類の植物を配置していくイメージのようでしたが、店主さんの持ち駒植栽リストを見せてもらうと、その種類・数の多いこと。その中から整理をしてもらい、適材適所に選定し、緑をデザインしていただけました。

今回、鉄平石の施工は嶋さんと私のセルフ工事。石の隙間に多肉植物があったり、野苺があったり。オーナーさんの好きな紫陽花も3種、街道からも奥に見えるギャラリーのシンボルツリーはシマトネリコ。多種多様な植物が豊かに繁る庭へ。成長が楽しみです。

20110913

ギャラリーへの訪問者がまず最初に必ず手に触れる記帳台。この家具をogumaの大橋くんにお願いしました。彼は家具もつくれ設計もできと、多才なオトコ。初対面で2、3日の直島のアート旅を共にしたクサレ縁が今なお続いています。設計仲間であり、サッカー仲間であり、仕事の方向性をマジメに語ったりもする愉快な仲間でもあります。

コチラからは主張しないシンプルなデザインを要望。出来上がりはラインが細いながらも、足もとが末広がりで安定感のあるフォルム。中段に籐のメッシュを使っているので、さらに軽い印象。白い壁に囲まれたギャラリー空間に美しい家具が置かれ、空間がピリッと締まりました。皆様、ノートギャラリーのお越しの際は、こだわりの記帳台で、たくさん(?)記名してやってください~。

ogumaウェブサイト(製作中かな??)

|

« 暮らし用品店舗着工しました。 | トップページ | 昭和町の長屋改修(暮らし用品)そろそろ完成。 »

連・建築舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: scopさんとogumaくん:

« 暮らし用品店舗着工しました。 | トップページ | 昭和町の長屋改修(暮らし用品)そろそろ完成。 »