« 桃ヶ池長屋・秋むすび。盛況でした。 | トップページ | 新年2013年のご挨拶 »

2012/11/27

コーポラ見学会をやりました。

設計協同組合いえしえんで企画している「瑞光四丁目コーポラティブ」の参加希望者さんたちと、コーポラティブハウスの見学ツアーをしました。

今回のプロジェクトのお隣さんの敷地であり、ぼくの実家でもある「三丁目コーポ」からスタート。築27年になる建設当初の第一世代から住み替え住宅も出てきている成熟期のコーポ。空間の立体利用で縦に横にと、つかえる空間は余すとこなく使おうというエネルギーを感じる。

P1060032_6

つづいて木造戸建コーポラ。高密に建て詰まっているのに”抜け”があって狭さを感じさせない。空間の構成計画力がとても利いている。集合することでできる小さくて豊かな空間。それでいて、ローコスト。

P1060039_4

つづいて、太鼓ホールのあるコーポラ。太鼓サークルに所属する10軒の人たちが上階に住み、1階は太鼓ホールという、そう見ないマンション。丁度、太鼓サークルの練習中で、大迫力の演奏を聴かせてくれた。太鼓ホールをつくりたいと集まった人たち。住まい手が主体的に共用空間をつくることのできるコーポラティブ方式だからできた。

P1060048_3

最後は昨春完成した社員寮を改修したコンバージョンコーポラで締め。こちらは中をじっくり拝見させていただいた。居住者のMさんが「じっくり自分で選んだモノに囲まれたお気に入りの空間に身を置くのは、とても心地よい」という感想を聞いて、家づくりへの想いが空間に結実するという幸せ。商業ベースでしか住空間を捕らえない販売住宅市場では、こんな当たり前のことが適わない。

四半世紀を越えて住まい手の要望に答え、住まい手目線で小さくとも豊かな住空間をつくり続けてきた。その軌跡を感じられる見学会でした。

|

« 桃ヶ池長屋・秋むすび。盛況でした。 | トップページ | 新年2013年のご挨拶 »

コーポラティブハウス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コーポラ見学会をやりました。:

« 桃ヶ池長屋・秋むすび。盛況でした。 | トップページ | 新年2013年のご挨拶 »