« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016/08/20

夏季休暇。男鹿島(タンガジマ)~湯原へ。

夏季休暇はたっぷり5日間いただいて、瀬戸内の男鹿島(←タンガジマと読むそう)で海水浴。その後は、お墓参りも兼ねて湯原の田舎へ帰ってきました。

Dscf1902

姫路港から瀬戸内海の小島の家島へ。瀬戸内芸術祭が開催中なので、姫路港では小豆島行のフェリーも出ており、若モノなど、芸術祭ねらいであろうと思われる旅人や、帰省客に海水浴客などでにぎわっていました。

家島は芸術祭の会場にはなっていなくて、ただ日常の島風景。

家島は小さな集落ながらも、意外とといえば失礼だが大きな病院があったり、店があったり、車やスクーターが行き交ったり、魚船が並んでいたりと、生活が保たれている様子。

住宅街は斜面地で縦に積み上げられる家々の隙間を縫う路地の町。迷路のような路地歩きが楽しく、そこそこ勾配のある道幅1mも満たないところをスクーターがトコロ狭しとすり抜けていったり、路地の途中のちょっとした空き地に駐輪場があるのも面白い風景でした。

Dscf1908

物価の高めの家島では泊まらず、町歩きの後、チャーター船で隣りの男鹿島へと渡りました。
ここは採石場の島ということで、遠景は島の形が無残に削られた地肌のみえ痛々しいのですが、渡船場へ降り立つと近景は緑もあり、水も澄んでいて良い感じ。魚影もたくさん見えました。

Dscf1944

その日の晩御飯は魚料理をたっぷり楽しみ、次の日は午前中に海水浴。海より山派(沢派)のボクなので、海水浴なんて何年振りだろうか。浮力に任せプカプカできる海も良いもんだと今さらながら感心しつつ、午後にはまた姫路港へ。

Dscf1956

そこからあわただしく岡山・湯原へ移動。湯原では温泉に魚釣り、川遊び、スイカ割に花火。
久しぶりの砂湯にも入ったり、夏らしい遊びで大人も子供も満足。リフレッシュ。

僕が子供の時分はGW、盆、正月と長期休暇はここ湯原の田舎に帰省して、自然の中よく遊ばせてもらいました。
ここ最近はバタバタとじいちゃん家に一泊程度過ごすだけで帰路につくことが多かったのだけど、今夏はゆっくりして、子供たちにも自然を堪能させてあげられました。自分が親になり、親が自分へしてくれたことはやっぱりしてあげたいなぁと思う。

Dscf2016

 
Dscf2073


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »