« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年1月

2018/01/14

野田の古民家改修工事。解体工事が終わりました。

P1330173

福島区の古民家改修工事は解体工事がほぼ終わました。 現場はブルーシート養生で中は青みがかって不思議な色み。

天井裏に隠れていて思わぬところに窓が出てきて「それ残したいなー。」きれいな梁が現れて「これそのままでいいよね。」など、あるものをうまく生かすアイデアも話し合います。

こんなのがリノベーションならではです。

P1330177
天井裏にハイサイドライトが現れたので、これも活かしましょう!
P1320729
古建具も再利用します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018/01/11

阪南町の洋風長屋再生プロジェクト始動!

23905500_986539388153040_2962501084
※ファサードは特徴的な三角屋根の洋風長屋

ご近所の阪南町3丁目で三角屋根が印象的な5連長屋。これをまとめてリノベーションします。

昭和町によくみる裏庭型の長屋で、その裏庭にあるトイレと廊下部分を減築して、テナントの共用空間として裏庭を一体化することを考えています。5軒分合わせた豊かな共用庭と半屋外の縁側空間を設けて、オモテからもウラからもアクセスできる回遊性のある空間をつくる予定です。

昨今、個人と他人との空間の接点に線を引かれることが往々にしてありますが、そんな機械的な空間づくりではなく、人が他者や町と関わって暮らすこと。ウチ・ソト、個・共のあいまいな場所があることが、魅力的な空間になる。おもしろいコトが生まれる。住んでいて心地よい・愉しい町につながる。そんなことをイメージすること、伝えること、空間をつくっていくことが、自分がこの仕事をしている意味を見出せる、大切にしているところ。

もともとは個人の場所であった裏庭を共用部とすることは「床面積」として使える部分を減らすこと。一般的には建て主にとってはよろこばしくないのですが、そのことを受け入れてくれた、建て主の心意気に応えるべく、解体されて生まれたオープンスペースを目の前にし、空間の価値は決して、屋根と壁に覆われた「床面積」では図れない。この場を活かして、空間の魅力をつくりたいし、つくれる可能性も感じています。

解体が終えて、ひとまず工事はここまで。露わになった現状建物を詳細調査して、補強計画やプランを練っていきます。同時に、この長屋に入居して、オモシロイことをしたい、昭和町でお店をもちたい、という方も絶賛募集中です。

まだ計画が固まっていないので、ご希望もお聞きして進めたいと思います。ぜひご興味のある方はご連絡ください。

25994814_1005037189636593_791073493
※こちらが解体したあとの裏側。贅沢なオープンスペース!

Hannan3nagaya


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年3月 »