« 塩崎おとぎ紙芝居博物館でワークショップに参加しました。 | トップページ | 今年のオープンナヤガ大阪2018、終わりました。 »

2018/10/27

丹波・春日の無鹿リゾートさんができました。

丹波・春日の無鹿リゾートさんができました。

古民家をレストラン+簡易宿泊所へと用途変更して改修しました。築後随分な時間も経過しているので、記録のない増築もあったり、既存図面もない中での行政とのやりとりは手探り状態でした。着工までがなかなか手ごわかったです。

こういった既存建物の活用を今までも行政に相談を持ち掛けるのですが、このような既存ストックを利用するときに今の法規では解釈が難しいことも多く、杓子定規に出来ない方向で指導がなされるので、計画を諦めないといけないこともよくあるのですが、今回はなんとかこの空き家を利用できるように親身に相談に乗っていただきました。都心より地方都市のほうが、空き家ストックの問題の解決を望んでいるという印象でした。

さて、工事のほうは、まず歪んだ躯体はジャッキアップで補正します。続いて構造用合板耐力壁や格子壁を増設し耐震補強。ここまでもなかなか長い時間がかかりました。

内装工事はオーナーさんの希望で、自然素材と古材を随所に取り入れています。古材利用となると色んな手間がかかる作業なのですが細かな造作も丁寧にやっていただきました。事務所でよく採用する黒ベンガラの和紙張りもやりました。

お店のほうは9月あたまにすでにオープンしています。丹波の田園風景の中、鹿肉料理中心の丹波の旬の山の幸、川の幸、おいしいお料理がいただけます。のんびり贅沢な時間を過ごしてほしいと、土蔵を客室とした一組限定のお宿もあります。

丹波の魅力をたっぷり堪能できる「無鹿リゾート」へぜひお立ち寄りください。

18102701
ゆったりとしたお庭もあります

18102702

18102705
背丈の小さな格子戸でおむかえ。

18102706
入り口をくぐると古い梁が現れる吹き抜け空間

18102707
板間の客席と

18102708
畳の床座の客席があります。

18102709
宿泊室への入口。ベンガラ染の黄色の建具が目印。

18102703
宿泊室は土蔵を改修しています。

18102704
一組限定の贅沢なお宿です。

18102710
浴室にはレトロな丸いタイル、金魚も泳いでいます。

|

« 塩崎おとぎ紙芝居博物館でワークショップに参加しました。 | トップページ | 今年のオープンナヤガ大阪2018、終わりました。 »

連・建築舎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91373/67392331

この記事へのトラックバック一覧です: 丹波・春日の無鹿リゾートさんができました。:

« 塩崎おとぎ紙芝居博物館でワークショップに参加しました。 | トップページ | 今年のオープンナヤガ大阪2018、終わりました。 »